読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FruGra

IT、投資、ランニング、その他日常のことについて書いていきます。

ロボアドバイザーTHEOを半年間運用した結果の利益は8.45%

積立投資

お金のデザイン社が提供するロボアドバイザーサービス「THEO」での運用を開始して半年以上が経過したので、現時点での運用結果について書きたいと思う。
結論から言うと、6ヶ月運用したリターンは8.45%となった。

まず、THEOとは、

THEO[テオ]は、当社が提供するETF特化型投資一任運用サービスのブランド名です。5つの質問による投資診断を通じてお客さま一人ひとりに最適な資産運用方針を最先端のアルゴリズムにより分析し、資産構成(ポートフォリオ)をご提案します。ご提案内容に納得いただけましたら、証券口座開設と投資一任契約をお申込みください。当社がお客さまに代わり、資産運用方針に基づく運用を行います。 

(FAQ | 資産形成はTHEOにお任せ)

 

これまで人間が提案していたポートフォリオを、THEO独自のアルゴリズム(一種のAI)によって提案していることがポイント。ユーザーはスマホから簡単な質問に答えるだけで、このアルゴリズムがその人にあった海外ETFポートフォリオを直ちに提案してくれる。後は口座に入金(最低10万円)すれば運用が開始され、その後はポートフォリオの構成の組み換えを含め、全て自動で運用してくれる。これまで富裕層向けであった丸投げ投資サービス(いわゆるラップ口座)と同等のサービスが、一般の人でも手軽にはじめられるようになっている。

 

では、実際の運用成績を見てみよう。以下のとおり円ベースでは6ヶ月で8.45%のリターンとなっている。信託手数料として1%のコストがかかるため、実際のリターンとしては7.45%だ。元本2,900,000円に対し245,053円の利益である。トランプ相場による円安基調で2016年11月頃からリターンが上昇し、ここ数日は若干円高になり戻している状況だ。一時的には12%程度のリターンも出ていた。

 

 <円ベースの収益>

f:id:k_karachan:20170125222726p:plain

 

次に、ドルベースで見てみると、期間中のリターンは1.49%であった。そのため、為替の影響を除いたポートフォリオ自身の強さとしては、ほぼ横ばいであったと言える。

 

 <ドルベースの収益>

f:id:k_karachan:20170125223859p:plain

 

なお、元本2,900,000円の入金タイミングであるが、時間による分散投資をしている(いわゆるドルコスト平均法)。初回に10万円を入金し、その後は毎月5万円を入金している。さらに、会社のボーナス時の6月と12月には追加でそれぞれ20万円を入金した。また、10月には訳あってまとめて200万円を入金した。(トランプ相場の直前でったため、現時点の結果としてはこのタイミングでの入金はよかったのかもしれない)

 

私の具体的なポートフォリオは以下の通り。初回の質問の結果により、そのユーザーにあったグロース、インカム、インフレヘッジの割合の運用方針が提案される。

f:id:k_karachan:20170125230256p:plain

 

グロース、インカム、インフレヘッジ別のリターンは以下の通りで、グロースが16.12%とリターンを牽引している。他の2つについてもマイナスのリターンは出ていない。

f:id:k_karachan:20170125231055p:plain

 

 今回6ヶ月運用した感想としては、現時点では8%以上のリターンが出ており、ほぼ丸投げの投資(毎月の入金に関しても楽天証券の振込予約で自動化している)である点も考慮しよい結果が得られたと考えている。

今後は積立額を段階的に増やしながら、長期的に投資を継続しいきたいと考えている。